ストレスに対する対処法というのは、はるか昔から一つのテーマとなっているような気がしますが、現代日本においては特にその必要性を強く感じる機会が増えているのではないでしょうか。

日本は平和であると感じる人々がいる一方で、強い不満や憤りを抱えたまま、辛く感じる日々を送っている人も多いものです。
その差を埋めるのが”心の在り方”だとすれば、今の人々に響くような、平和的で豊かな思想や体験を感じる機会が増えることが良いのかもしれませんね。

さて、それでは、今回は最終的に"ストレスに耐えがたい状態”となってしまった皆様に向けて、ストレスフリーな職場を探すためのポイントについてご紹介をしていきたいと思います。

1.人間関係はどうか

何はともあれ、厳しい状態となってしまった場合には、まず環境ごと変えることが大切です。
すなわち、医師転職サイトなどを活用するなどして、職場自体を変えた方が良いだろうということですね。

基本的には、どういった事情であったとしても、その場所で働いている限りは同じようなストレス環境が発生しやすいものと思われます。
特に人間関係などは、一人だけに問題があればいいですが、幾人かのファクターによって問題が形成されているケースも多く、非常に厄介だと言えます。

新たな職場を探す際も、できるだけ人間関係はどのような感じなのかをチェックしておいた方がいいでしょう。

2.職場の雰囲気もチェック

1番と同様に、転職先を探す際には職場の雰囲気を確認しておくことも大切です。
あらかじめ職場見学の機会をもらえるのであれば、一度もらっておいた方がいいでしょう。
職員の方々がのびのびと仕事をしているか、それとも険しい顔をして仕事をしているか、客観的にみてみると、意外とわかるものです。

職場の雰囲気をチェックするためには、医師転職サイト等を通じて依頼をする方法、あるいは面接時にお願いをする方法とがありますが、前者の方がスムーズにことが運ぶ可能性が高いものと思われます。

3.忙しい診療科は避ける

忙しい診察科を避けるというのは、ストレスを避けるためには必須の条件と言えるでしょう。
多くの医師にとって負担となっているのが労働環境、特に労働時間の部分です。
皆さんも医師ですから、きっとどの診療科目が忙しいかは既に御存じだと思います。

もし、どうしてもそういった状況から逃れたいということであれば、科目を変えるというのも一つの手かもしれません。